POG2020-2021ランキングの有力馬!赤本の発売日や評価のまとめ!

2021年への新時代の幕開けについて情報を集めたいと思います!

コアな競馬ファンなら、気になるPOG2020-2021が始まるのですが、やはり気になるのは有力馬の名前ですね。

POGのガイドブックとなると赤本ということになりますが、それ以外のガイドブックの評価や発売日情報なども書いてみました!

スポンサーリンク


POG2020-2021ランキングの有力馬は!

新種牡馬の産駒に気になる馬候補がいるようですね。

ブエナベントゥーラ

モーリス
ブエナビスタ
母父 スペシャルウイーク
母母 ビワハイジ
厩舎 堀宜行
馬主 サンデーレーシング
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名の意味由来 素晴らしい幸運(西)

日本の競馬を大いに沸かせたグループの血の結晶といった感じで、走る前から単勝の1倍台が見えるような馬ですね。

鬼強かったブエナビスタに、2020-21に社台グループが総力を結集して送り出してきた新種牡馬のモーリスとなれば、何としても勝ってもらいたい宿命を負った馬と言えるかも?

母は早熟なイメージですが、父は成長力のある晩成型だったので、無事に進むことができれば、クラシック路線の常連にのし上がる可能性も大ですね。

パートナーは、ダミアン・レーン騎手のようです。

スワーヴエルメ

ドゥラメンテ
アイムユアーズ
母父 ファルブラヴ
母母 セシルブルース
厩舎 堀宜行
馬主 NICKS
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名の意味由来 冠名+人名

栗毛がキラキラしていて、もうデュラメンテと生き写し!

そんなコメントが出ていますが、やんちゃで早々と実力を発揮してしまいそう!

デュラメンテが3歳2冠を早々と達成して早熟な感じだったので、産駒もイキナリ走って期待させてくれそうですね。

デュラメンテも社台グループイチオシの新種牡馬と言うことで、楽しみが止まらない感じです。

ダイナカールの4×4ということで、切れ味鋭い末脚が期待できるか?

少し長めの距離で、期待してみたいですね♪

スポンサーリンク


レガトゥス

モーリス
アドマイヤセプター
母父 キングカメハメハ
母母 アドマイヤグルーヴ
厩舎 木村哲也
馬主 サンデーレーシング
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名の意味由来 高級将校(ラテン語)

レガトゥスも4代母にダイナカールがおり、エアグルーヴ ⇒ アドマイヤグルーヴと社台系が大切にしてきた牝系をそのまま受け継いでいます。

こちらも社台グループの期待を一身に受けている感じ。

体型がまとまっていて迫力があり、モーリスのように直線瞬発力で勝負するタイプになりそうです。

トニービン産駒は気性が難しいタイプが多くて、レースに行ってどうなのか?

(トニービンは凱旋門賞では、あの重いので有名なシャンティで後方一気を決めてしまっています!)

乗り役をちょっと選ぶタイプかも知れません。

セブンサミット

モーリス
シンハライト
母父 ディープインパクト
母母 シンハリーズ
厩舎 石坂正
馬主 キャロットファーム
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名の意味由来 7大陸最高峰

こちらもモーリスですが、母がディープ産駒のシンハライト!母がオークス馬となると、これは人気が出てしまいそう!

母は、中距離までで結構な成績を収めており、桜花賞は惜しくも2着だったのですが、オークスでは巻き返しました!

7走して、1人気と2人気しかなくて、着順は桜花賞の2着以外はすべて1着と言う堅実派だったので、人気に対する安定性が高い期待が持てます。

モーリスの晩成な感じを、早熟なシンハライトの血が補ってくれる可能性もあります。

デビュー後の出遅れとかさえなければ、芝の中~長距離で活躍してくれそうですね。

ディヴィーナ

モーリス
ヴィルシーナ
母父 ディープインパクト
母母 ハルーワスウィート
厩舎 友道康夫
馬主 佐々木主浩
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名の意味由来 神がかっている(西)

高級万年筆のブランドにディヴィーナと言うのがありまして、こちらも人気になっています。


ヴィルシーナの娘と言えば、これは期待しないわけには行きませんね。

ヴィルシーナは現役時、GⅠ~GⅡで2着を5回連続とりまして、馬主の佐々木主浩が現役時代の背番号が22だったこともあり、ずいぶん冷やかされました。

(佐々木主浩さんの誕生日が、実は2月22日だったりする)

ジェンティルドンナの同級生だった影響も、かなりあるようには思いましたが…

しかし、桜花賞2着の実績は伊達ではなくヴィクトリアマイルを連覇したり、オークス・秋華賞の2着は距離適性も感じさせるところ。

5番手以内に付けて、先行 ⇒ 粘り込む脚質は安定感があり、そつなくこなす優等生を感じさせました。

要注意なのは、大魔神 佐々木主浩の所有馬は『けっこう走る!』ジンクスがあるので要注意ですね!

人気になったら押さえておくのが無難かもしれません。

ルペルカーリア

モーリス
シーザリオ
母父 スペシャルウィーク
母母 キロフプリミエール
厩舎 友道康夫
馬主 キャロットファーム
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名の意味由来 古代ローマの祭りの一つ

シーザリオの牡馬は走る!という評判がありまして、確かにエピファネイア(2010)、リオンディーズ(2013)、サートゥルナーリア(2016)とクラシックをにぎわせていますね。

人気になったら、応えてくれそうな母孝行の息子になりそうですね。

モーリスも期待が集まりますが、シーザリオとなると、距離が伸びても安定して上位を狙えそうで、これは兄弟を見ても歴然ですね。

脚質に幅があって、年齢を重ねても成長し続けてくれる感じがします。

赤本の発売日とその評価は?

POGに参入するとなりますと、やはり必要なのが『参考書』ということになりますね。

さて、どの参考書が良いのかしら?

勉強に適していてわかりやすい、要点が絞れるものはどれなんでしょうか?

そこで、代表的で有名なのが『POGの達人』(通称 赤本)となります。

POGの達人(赤本)とは…

発行者 須田鷹雄 FLASH編集部
出版社 光文社
2020~年版の発売日 2020年5月2日
監修者 須田鷹雄
予想家のメンバー 須田鷹雄・辻三蔵・津田照之・後藤正俊・村本浩平・浅野靖典・小島友実・栗山求・平出貴昭・netkeiba編集部など

監修者の須田鷹雄氏と言えば、競馬グリーンチャンネルなどで有名な『東大卒』の競馬ジャーナリストということになります。

これに対しまして、青本(赤本に対抗している)というのがあります。

天才! のPOG青本(青本)とは…

出版社 メディアボーイ
2020~年版の発売日 2020年4月22日
予想家のメンバー 安藤克己・岡田牧雄・水上学・出川塁・日夏ユタカ・山田乗男・北村生など

この2冊が、ある意味双璧扱いされているわけですが、はじめての人などに役立つ基本性能を備えている年報と言えるのではないでしょうか?

まとめ

  • 2020~2021年にかけてデビューする有力馬をランキング形式でまとめました。
  • 取り上げた馬は、ブエナベントゥーラ、スワーヴエルメ、レガトゥス、セブンサミット、ディヴィーナ、ルペルカーリアでした。
    (この中から来年のクラシック候補が出るように思います)
  • POGに役だつ書籍として、赤本・青本を紹介しました。
  • 2冊は一長一短ありますので、よろしければ併せて備えると良いでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です