山本尚貴の年収やグッズ売上がヤバい!実家金持ち説や嫁(妻)が狩野アナ説が気になる!

レーサーの山本尚貴さんが注目されています。

年収やグッズの売り上げが結構な額に上っているという評判があります。

ご実家の家業や嫁(妻)の情報も気になりますね。

実家が金持ち説』もあります…

さっそく調べてみました!

スポンサーリンク


山本尚貴の年収やグッズの売り上げについて

こちらは、年収.jp というサイトを参考にして調べました。

年収.jp 

これによりますと、レーシングドライバーの年収は平均で650万円という試算が出ています。

この内訳としては

給料(月給) 約40万円
最大年収クラスとなると 1億円

いちばん高いのはやはり最高峰のF1のレーサーになります。

但し、レーサーと言ってもピンキリでして、レベルが低いレースですと、賞金が10万円レベルも多数あります。

山本尚貴さんの所属クラスなら

スーパーフォーミュラの優勝賞金 500万円
SUPER GT GT500の優勝賞金 300万円

ということですが、さすがに毎回優勝するのは困難ということになります。

ということで、賞金だけで生活していくことは極めて難しいということになり、副業を求めることになります。

手っ取り早いのは人気になって『グッズ販売』で稼ぐという方法ですね。

“YAMAMOTO NAOKI”とロゴが入ったウエア類が結構な金額で売られています。

(先ほどサイトを調べてみましたら、20%OFF ~ 半額で発売されていました)

ということで、どうしても欲しいファンが購入されるようですが、これも収入源としては案外馬鹿にならないのだと思います。

山本尚貴の実家の家業は?

と言うことで、支出が多くて経費が掛かる趣味や仕事で、長く続くということは、資産家であるとかご実家が何か仕事をしておられるなどの事情があると思います。

そこで、山本尚貴さんのご実家の仕事を調査してみますと…

これは、山本尚貴さんがレーサーになった契機にもなっているのですが、山本さんのお父さんが大の車好きであり、頻繁にレースに連れて行ったりしてレースに親しんでいたということです。

栃木県に在住していたのですが、鈴鹿の日本グランプリを見に行ったり。

お父さんは、山本さんに何か強制するようなところは一切なく、放任していたようですが、鬼怒川のおばあさん宅のちかくにカート場が出来まして、6歳のときから毎週のように通ってレースに出るようになったそうです。

お父さんの職業や資産などはわからなかったのですが、恐らくそれなりの財産があり、かなり熱心に支援をしてくれていたのではないかと推察されますね。

スポンサーリンク


山本尚貴の嫁(妻)は女子アナの狩野恵里

2016年に、山本尚貴さんにはビッグニュースがありまして、テレビ東京の狩野恵里アナウンサーと結婚したとのこと。


その後ですが、2018年2月には双子の女児も誕生して、狩野さんは大忙し!

まあ、有名女子アナが嫁いでいるところを見ますと、やはり山本尚貴さんは、それなりの将来性や可能性を秘めている人なんじゃないかと思います。

2018年に山本尚貴さんはスーパーGT500とスーパーフォーミュラの二冠を達成され、これも狩野恵里さんの内助の功なんじゃないか?と噂されるほどですね。

人間うまく行きかけますと、何でもうまく行くようにできているようです。

このまま、人生のビッグウエーブに乗って行ってもらいたいものだと思います。

山本尚貴さんのプロフィールをまとめると

山本尚貴

生年月日 1988年(昭和 年)7月11日
出身地 栃木県
出身高校 作新学院高校
身長 164㎝
体重 63㎏
血液型 RH+B型
趣味 マウンテンバイク フィッシング


 

まとめ

山本尚貴さんについてまとめました。

  • 年収は一般的なレーサーの平均収入の600万円より少し上ではないか?
  • グッズの売り上げも収入源ですが、地味なジャンルなので凄いとも言いかねる?
  • 実家が資産家ということは調査できませんでしたが、かなり熱心に支援してくれていることは間違いなさそうです。
  • 嫁(妻)の狩野恵里アナウンサーが頑張っているようですね。
  • 山本尚貴さんのプロフィールをまとめました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です