三上紗也可の出身中学や高校・大学はどこ?記憶障害とコーチが気になる!

三上紗也可選手
話題になっています!

気になる三上紗也可選手の
出身中学校・高校・大学の情報
集めました。

そして、
練習中の事故にて記憶障害になる
アクシデント
ってなんだったのか??

三上紗也可選手選手を
オリンピック出場まで育て上げた
コーチ
についても書きました!

三上紗也可の出身中学・高校・大学について

出身小学校 義方小学校or住吉小学校
出身中学校 後藤ヶ丘中学校
出身高校 米子南高校

三上紗也可選手の出身地は、
鳥取県米子市になります。


三上紗也可選手は小学校2年生から
飛び込みの競技を始めています。

小学2年生の時に学校で配布された
『飛び込み教室』の案内書

きっかけで
飛び込み選手の道を
歩くことになりました。

後藤ヶ丘中学校に進んでおられる
三上選手ですが、
後藤が丘中学校の校区の小学校は
義方小学校と住吉小学校の2校です。

三上選手は、このどちらかの
小学校の出身者であり、
小学2年から米子ダイビングクラブ
所属していました。

小学4年生から
米子ダイビングクラブの
安田千万樹(ちまき)コーチに
師事
することになります。

後藤ヶ丘中学校時代は、
腰痛に悩まされていて
やや伸び悩みの時期にありました。

しかし、高校時代に
大きく花開くことになります。

米子南高校の1年生の時に
インターハイで優勝
を果たします。

2017年には
3メートルシンクロ板飛び込みで
宮本葉月選手といっしょに出場して
優勝します

2018年にはジャカルタで行われた
アジア大会で
女子3メートル板飛び込みで4位

なり、また宮本葉月と出場した
シンクロ板飛び込みで5位入賞
を果たします。

この年の9月に
日本選手権で3メートル板飛び込みで
初優勝
し、
翌年の世界選手権で5位入賞し、
東京オリンピックの日本代表選手に
内定
します。

三上紗也可選手の経歴をまとめると…

出身中学校 後藤ヶ丘中学校
出身高校 米子南高校

高校卒業後は、
大学の飛び込み競技の名門の水泳部や
実業団
にすすむものと
みられていました。

しかし、三上選手は意外な選択
することになります。

三上紗也可はどこにも進まず”浪人”となる

しかし、三上選手は
大学にも実業団にも進まず
地元の鳥取にとどまり、
練習を続けてゆきます。

この後、オリンピックなどの
大きな大会があるのに、
ちょっと良い度胸だな!
自分は思ってしまいました。

協会ほかから財政的に支援を
受けられるのかもしれませんし、
お金の面ではあまり心配しなくて
よい環境なのかもしれません。

そして、
地元の鳥取にはかなり良い練習環境が
整っているのもあるのではないか

思います。

米子ダイビングクラブには
コーチもきわめて優秀で、
競技に集中できる環境があることが
大きいように思います。

米子市東山地区にある、
鳥取県営東山水泳場
ホームグラウンドになり、
かなり恵まれた環境にあるようです。

昭和57年の
鳥取県の『わかとり国体』の時に
ダイビング用のプールが新設された

ですね。

国体の準備ということで、
飛び込みの選手を急募する感じだった
のですが、
優秀な指導者も招へいしたのでした。

良い環境からは、
たくさんの有名選手が巣立ちましたし

三上選手はユース大会で
2種目で優勝
し、
国際大会で実績もあげているのです。

これが、
三上選手に鳥取にとどまらせた
大きな理由だと思います。

三上紗也可の記憶障害について

三上選手の記憶障害には、なんと
7針も縫う大けがが原因
なので驚きます!

やはり高いところから落下する
競技だけに、
ちょっとしたすれ違いでも
大事故につながる
のが
難しいわけですね。

2018年の合宿にて練習中に、
飛び板に後頭部を強打する事故が
あった
のです。

いや~大変ですね、飛び込み競技も!

(こんなお話があるので、
当日の少しの油断で大事故につながる
可能性のあるスポーツは私、
あまり好きではないのです)

緊張したら、とても競技どころでは
ありませんからね^^。

何しろ、
コーチの人が責任を感じ、
三上選手のご両親に指導の辞退を
申し入れるほどになった
ようです。

単なる物忘れ(=健忘症)に
とどまらず、
5分おきに記憶がなくなるという、
かなりまずい状況にもいたったと
いうことです。

(これは、たいへんですね!)

ですが、三上選手はなんと1カ月で練習に復帰してしまいます。
(ス、スゴイですね…)

鳥取県も、
同情したわけではないと思うのですが
合宿費用などを支援することになり
結局 どこにも所属せず
現役続行となったようですね。

ということで、
10代のうちに三上選手、
たいへんな目に逢われましたが、
オリンピックには何とか間に合った
ようですね。

三上紗也可のコーチ陣がすごくて…

鳥取というと、
何となく過疎が進んでいるローカルと
いう

(いやこれは、全国的な
イメージとしての)
雰囲気なのですが…

飛び込みのことだけ考えると、
実は先進地域のようなので、
ちょっと意外な感じがするのですね。

先にも書きましたが、
昭和57年のわかとり国体の際に、
鳥取県が東京から招へいしたのが
安永三郎さん
で、
安永三郎さんの元から国際選手が
何人も出たのです。

宮本基一郎・幸太郎兄弟
それにあたり、90年代の日本の
飛び込み界を大きくリードします。

また、
安田千万樹選手も
国際大会でメダルを獲得した
経験のある
世界レベルの競技歴を残します。

安田さんは2014年には、
日本代表のジュニアチームの
ヘッドコーチも務められますが、
安永三郎さんの秘蔵っ子の一人になります。

(安田さんが、三上紗也可選手の
現在のコーチになります)

そして、
安永三郎さん、宮本兄弟、
安田千万樹さんが
今日の米子ダイビングクラブで
指導されている
のですね。


これだけのスタッフ陣があったら、
もう変な大学へ行かなくても
(失礼!)競技が続けられると
いうものですね。

スポーツってものは、一見すると
楽で優雅に見えれば見えるほど
実は厳しくて大変、とよく言われます。

飛び込みも一瞬の躊躇が、
大事故につながる、
ある意味『油断もスキもない』競技
いうことだと思います。

三上紗也可選手をはじめ、
選手は大変だと思いますが、
豊富なコーチ陣に託して
がんばっておられる様子が
感じられますね☆

とにかく、
ケガだけは気を付けて
もらいたいものです

=================

三上紗也可選手と同じく世界で戦う美女アスリート情報はこちら! >

まとめ

三上紗也可選手の
出身中学校は後藤ヶ丘中学校、
出身高校は米子南高校
になります。

大学は、現在保留中で、
鳥取県の財政支援を受け、
進学していません

2018年に
飛び板で17針縫う重症を負い、
記憶障害に悩まされる
時期が
ありました。

三上選手のコーチ陣は、
安永三郎さん、
宮本基一郎・幸太郎さん、
安田千万樹さん
が当たっておられます。

10代のうちに大変な事故も
経験された三上選手ですが、
気を付けて頑張って頂きたいと
思います^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です