藤井菜々子の出身小学校・中学・高校はどこ?コーチやトレーニング方法が凄い!

藤井菜々子選手は、
競歩のオリンピック代表選手で
知られるようになりました^^.

気になる出身 小学校・中学・高校の
情報を調べて書きました!

そして、
藤井菜々子選手のコーチ(スゴイ!)
やトレーニング方法なども
調べてみました。

藤井菜々子の出身小学校・中学校・高校を調べてみた

出身中学校 那珂川北中学校
出身高校 北九州市立高校
所属先 エディオン陸上部

藤井菜々子の出身小学校は?

藤井選手は、
福岡県の那珂川市の出身になります。

那珂川市には
小学校が7つありまして…

南畑小学校、岩戸小学校、
岩戸北小学校、片縄小学校、
安徳小学校、安徳北小学校、
安徳南小学校
ですね。

ということで、絞り切れませんが、
この中のどれかにあたる可能性が
高いです。

小学校3年生から陸上競技を始めた
記録にあります。

中学校と小学校の学区を調べましたが
詳細はわかりませんでした。

藤井菜々子の出身中学校は?

藤井選手は、
那珂川北中学校出身です。

中学校の時、
日原先生の下に全国大会を目指して
練習していた、という記載が
ありますね。

全日中
全日本中学校陸上競技選手権大会)
が目標ということで、
かなりハードルを上げて
練習していたということが
わかります。

那珂川北中学校時代は、
中長距離の選手でした。

陸上競技にとりかかった
最初の時期は、
走る競技の選手だったのです。

ところが高校に進学した時に、
ケガをして競技種目を
変更するに至ります

藤井菜々子の出身高校は?

藤井選手は、
北九州市立高校1年で
足のケガをしてしまう
のですが、
これが競歩への転向の
きっかけになります。

北九州市立高校2年の5月から、
リハビリを兼ねて競歩を始めることに
なります。

そしてなんと!驚くことに
わずか3カ月の
集中トレーニングのおかげで、
インターハイで優勝してしまう
快挙を
成し遂げてしまいます!

ご本人は
「毎日の練習を大切にした成果だ」と
書いておられますが、
インターハイの優勝はダテじゃない!
と思いますが、いかがでしょうか?

もともと、
中長距離で練習をしていたので、
一般的な競歩の選手よりは、
心肺機能が鍛えられていた
可能性はある
と考えます。

ですが、競歩の何とも言えない、
クネクネとした感じで
進むフィーリングは
なかなか一朝一夕では掴めないのでは
ないか
と思います。

やはり、
才能のようなものを
強く感じるのですが、
いかがでしょうか?

藤井菜々子の経歴はどうなっているのか?

当然、
インターハイ優勝者となりますと、
あちこちから勧誘の手が
たくさん伸びることになります。

日本の場合、
大学か実業団かということに
なりますが、
競歩の場合は大学に進学して
チームに入るという選択肢は、
競歩の場合は可能性が少ない
ですね。

(ランニングですと、
男子は箱根駅伝ですとか、
女子は女子駅伝などの大学チームで
一段練習を積むということが
プラス経歴にはなりますが…)

ということですが、
九州の福岡県出身の藤井菜々子選手は
創業の地が中国地方の広島になる
エディオン
(元会社の1つが広島のデオデオ
に所属することになります。

エディオンの陸上部は
女子駅伝のチームがベースになり、
100Mハードルの選手が二人と
競歩の藤井菜々子選手という構成
ですね。

ですが、オリンピックに出場が
決まっているのが藤井選手と
いうことで、
最も出世しているのが
藤井菜々子選手
ということですね。

競歩も駅伝のお手伝いをしたり、
長距離の選手が競歩の応援をしたりと
チーム内で持ちつ持たれつの関係に
あるようです。

仲の良い応援関係で、
藤井選手も内面でチームメイトに
支えられていると思います♪

藤井選手は、
北九州市立高校を卒業後、
実業団に入って2年目の20歳なの
ですが、チーム内では
一番期待されている選手ということに
なりそうですね。

藤井菜々子選手の驚きのエピソードとは?

調べていて、
藤井選手の驚くべき経歴が出て
まいりました。

高2の夏に3カ月の練習ながら、
インターハイで女子の5000m競歩で
優勝する話
は既に書きました。

ところが、その冬に大変な大役
藤井選手に任されることになります。

競歩でも、
オリンピックの代表になれる確信が
ないということで、
藤井選手はなんと駅伝の練習

(長距離走の練習)もしていた
いうのです!

(オリンピックの競歩は
女子は20キロになるので、
5キロのインターハイで優勝
できたからと言って、
東京オリンピックの代表に
なれるかどうか確証がなかったの
ですね)

しかも高2の冬に、
エース区間の1区を担当する3年生が
故障したために、2年生の藤井選手が
臨時に1区に起用させられる
のです!

(北九州市立高校の当時の監督だった
萩原監督も、
かなり思い切ったことをしたもの
ですね)

福岡県の県予選での出来事ですが、
にわかに起用が決まった藤井選手は
区間で3位に力走します。

高校駅伝の全国大会には、
各県1校しか出場できませんので、
総合的には筑紫女子学園高校が上回り
北九州市立高校は全国大会には
出場できなかったのです。

ですが、藤井選手はランニングでも
非凡な成績を残す
ことが記録に残って
いることになります。

この経験と実力が、
競歩に専従したあとも、恐らく
役立っているのではないかと
想像されるのですね。

かなり、心肺の機能が高く
競歩の選手としても、
突き抜けたものが備わっている
のだと
思います。

そして当然!
高3もインターハイで優勝することに
なるのでした!

連覇した高3の時は
大会新記録での優勝
となります。

藤井奈々子のコーチは誰?

藤井奈々子選手の
中学校時代のコーチは日原先生という
人ですね。

高校時代の指導者は、萩原知紀監督
なります。

萩原監督が、
藤井選手に競歩の扉を開かせた
いうことでよいでしょう。

エディオンでの監督は沢栁厚志監督で
コーチは大島健太コーチ
担当しておられるようです。

男性監督が続いていますが、
沢栁監督・大島健太監督は
笑顔が素敵な感じで、
藤井選手がいい環境で
練習に取り組めている感じがします。

藤井奈々子のトレーニング方法は?

藤井選手となると、高校時代に
ランニングの選手だったのですが、
高1の2月に左の脛骨を疲労骨折する
ハプニング
に見舞われました。

そこで、
リハビリを兼ねて競歩に取り組むことに
なったのです。

回復期のトレーニングとしては、
30分くらいのウォークの後に、
軽く筋トレなどの補強練習をする
ようなものだったようです。

競歩の練習をみていた萩原監督が
「競歩で行けるんじゃないか?」と
言ったりしたのですが藤井選手は、
自分ではランニングに戻りたい意思が
あった
ようです。

たまたま北九州市立高校の部内にも
3000mで速い人がいたため、
萩原監督の競歩へのすすめも
ありました。

とりあえず県大会に出ようと
いうことで
北部ブロックの予選に出場したところ
初レースが2位
(25分28秒76)

2週間後の県大会が24分17秒23で
あっさりと優勝してしまいます。

藤井選手は、
競技中にタイムを計算しながら
歩くという独自の方法をとり、
またランニングで心肺機能を鍛えて
いたので、
体力には自信があったといいます。

(本人が
長い距離になればなるほど、
後半をあきらめない
 しぶとさが自分にはある」と後年
インタビューに応えておられますね)

高2の冬は、3年生の一人がけがで
駅伝に出場できないアクシデントが
あり、
今度はランニングに戻ります

いつかはランニングにもどれるのでは
ないか?という、
ある程度の『未練』のようなものが、
かえって良かった感じがあります。

要するに、競歩がメインなのですが、
ランニングも並行してやらなくては
ならない環境が一段と、
成長を速めた感じがありますね

その後の藤井奈々子はどうなった?

2018年には、東京オリンピックを
視野に入れた
ダイヤモンドアスリート』に
選ばれて
ナショナルトレーニングセンターを
使えるようになりました。

○○○○○○○○○○○○○○○○○

ダイヤモンドアスリート
将来が期待される若手選手の中から
認定されるポストですね。

陸連の指導者もサポートに加わるなど
一段と体制が
整ってきているところです。

=================
< 岡田久美子選手と同じく世界で戦う美女アスリート情報はこちら! >

まとめ

藤井奈々子選手の出身小学校は、
那珂川市内の小学校
とみられ、
中学校は那珂川北中学校
高校は北九州市立高校でした。

主な競技歴は、
高2・高3と競歩女子5000mで
優勝したこと

ジュニア時代には大きい経歴です。

コーチは、
中学校が日原先生、
高校は萩原知紀監督、
エディオンでは沢栁厚志監督と
大島健太コーチ
でした。

独自のトレーニング方法ですが、
ランニングをやりたかったものの
けがのリハビリで競歩もはじめ、
ランニングと競歩を両立して
行っていた
ようでした。

将来がとても楽しみな選手
いうことが言えるのではないかと
思います☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です