川野将虎のwikiプロフ!読み方や出身中学校・高校が小山町か調査!

競歩の川野将虎選手が
注目されています^^。

将虎の読み方はどうなっているのか?
wikiプロフや
出身中学校・高校について、
また出身地が小山町なのか
調査しました!

川野将虎は何て読むのか?wiki風のプロフィールは?

川野将虎ですが(かわのまさとら)と
読みます。

まずは、川野将虎さんの
wiki風プロフィールについて
書いてみたいと思います。

川野将虎さんのwiki風プロフィールは…

フルネーム 川野将虎(かわのまさとら)
国籍 日本
出身地 静岡県日向市
競技 陸上競技
種目 競歩
出身中学校 静岡県駿東郡湖山町立須走中学校
出身高校 静岡県立御殿場南高校卒
所属 東洋大学
主な戦績など 2019ユニバーシアード20キロ競歩銀メダル
50キロ競歩 3時間36分45秒(日本最高記録 2019.10.27)

競歩って、何となく辛抱強い、
ある意味マラソンより我慢が必要
いう気がしています。

競歩のトップクラスの選手と
なりますと、
20キロを1時間20分くらいで
歩きます。

長距離のロードの(ランニングの)
タイムが20キロを1時間を切る
タイムで走りますので、
これは結構なスピードだと思います。

ロードの長距離の選手なども
競歩に”転向”してくることがある
よう
ですね。

川野将虎選手の競歩にいたる”競技歴”をひもとくと…

川野将虎選手は出身地が
宮崎県日向市ということで、
育ったのが静岡県駿東群小山町と
いうことでした。

ということで、
小山町出身ではないようですね^^。

川野選手は、小さいころは運動神経が
良いほうではなかったようです。

小学校では2年生から
柔道に取り組むも、その後の
4年間では実は1度も勝てなかった
とのこと!

お父さんの川野公明さんのお話では
「足は遅くて、
運動会はいつも5人中4番目
くらいだった

中よりは下の徒競走の成績だと
いいますから、
オリンピック代表選手の経歴としては
ちょっと驚きですね。

中学校では卓球部に所属しますが、
公明さんの記憶では
あまり活躍していた覚えがない
とのこと。

しかし、

卓球部と並行して所属していた
駅伝部では無類の粘り強さを
発揮していたとのこと。

とにかく倒れるまで走りぬくことが
できていて「性格的に向いていた」と
お父さんは語ります。

コツコツと積み重ねていくような
 性格であり、
 小さいころから集中すると
 のめりこむタイプだった
とお父さんはふり返ります。

高校に入ると、
走ることから歩くことへ
つまり競歩に転向するように
なりました

川野将虎選手が競歩に転向した当時のエピソードは?

高校時代もなかなか芽がでなかった
川野選手。

最初に出場したのは5000Mの競歩
でした。

5000M走に出場予定が、
顧問の勧めにて競歩に出ることに
なりました。

練習がわずかに3日!という
ドロナワ状態だった
静岡東部大会では
9人中最下位に終わりました。

ですが、
運命の女神は思わぬいたずらを
するものですね。

出場選手のうち
1人が失格になってしまって
繰り上がりで
何と8位入賞ということに!!

県大会に出場することになり、
自己記録も大きく更新しちゃったり
してしまいます。

こうなると人間、ある意味
怖いものなしということで、
競歩の魅力に取りつかれるように
なっていったのでした。

競歩の面白さを感じ始めたのも
この頃ということですね。

川野将虎選手の競歩熱がブレイクする!

川野選手は、
地道に練習を積み重ねていき、
フォームも改良され、
記録も更新される
という好循環に
恵まれます。

静岡県は起伏のある地形が多いようで
競歩の選手は30キロから35キロも
連日歩くと言います。

川野選手は表情一つ変えず、
忍耐力を長い距離に向けて生かして
いったのでした。

父 公明さんは
自分の逃げ道を絶って、
禁欲的に練習していた
」と
語っておられます。

↑河野将虎選手の高校時代の雄姿!

川野将虎選手は東洋大学に進学する。

東洋大学に進学すると、
またまたラッキーの女神が
川野選手に ほほ笑むことになります。

同じ静岡県(浜松市)出身の
池田向希選手が
同学年で東洋大学に進学してくる
のです

そして、
お互いがライバルとして意識しあって
競技力を向上していくことに
なったのでした。

ですから、川野将虎選手の躍進は、
東洋大の池田向希選手の存在
無くしては語れない
ということに
なると思います。

2019年の
ユニバーシアード派遣選手選考会で、
川野将虎選手が2位、
池田向希選手が3位、
いずれも世界歴代10傑に入る好記録
でユニバーシアード代表に
内定しました。

そ・し・て…
ナポリで行われた
ユニバーシアードでは、
池田向希選手が1位、
川野将虎選手2位で
文字通りワンツーフィニッシュ

成し遂げます。

二人のタイム差は30秒でした。

川野将虎選手は東京オリンピックに向かいます。

敗れた川野選手ですが、
気分を切り替えてオリンピック代表を
目指します。

2019年10月27日の代表選考会の
『全日本50キロ競歩
高畠大会(山形)』で
日本最高記録
(および今季世界最高記録)を
たたき出して、
日本記録も2分近く更新します

池田向希選手との
対戦成績を比べますと、
20㎞競歩は池田選手が川野選手に
勝ち越している感じで、
川野選手は50キロ競歩などの
長い距離に向いているのではないか
感じました。

代表選手の中でも、
かなり『良い色のメダル』に近い
位置にいる川野選手を
応援してやみません!

=================

川野将虎選手と同じく世界で戦うイケメンアスリート情報はこちら!

まとめ

川野将虎(まさとら)選手の
wiki風プロフィールをまとめ、
出身中学校・出身高校を調べました。

出身中学校は
静岡県駿東郡湖山町立須走中学校
出身高校は静岡県立御殿場南高校
でした。

小山町(静岡県)は
育ったところであり、
出身地ではありませんでした。

出身地は宮崎県日向市でした。
川野将虎選手の活躍を
期待してやみません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です